観光名所エリア。ペトロナスツインタワーもここ
  
 登録済  登録済  エラー
このエントリーをはてなブックマークに追加

エリア:KLCC・ペトロナス   エリア 目的を選ぶ: 観光名所が多いエリア   ショッピングエリア   街歩き・食べ歩きエリア

写真ギャラリー(10枚)

まずはおさえておきたい観光地人気ナンバー1のエリア。ペトロナスツインタワー・憩いのKLCC公園を楽しもう。

クアラルンプールのシンボル”ペトロナスツインタワービル”やKLCC公園を中心とするエリア。
クアラルンプールに来たなら一度は見ておきたいシンボル、ペトロナスツインタワーや憩いのKLCC公園を散策する観光客で連日にぎわっています。

シンボル、ペトロナスツインタワー。

20世紀の超高層ビルとしては最も高い、高さ452mの88階建てで、マレーシアの国立石油会社ペトロナスによって建築されました。
イスラム様式でマレーシアのモスクに似せて作られており、特徴的な尖塔を持っています。建設当時は世界一を誇っていましたが、2003年10月17日に台湾の台北101(509m)に世界一の座を譲り渡しました。ただし、二本のビルが対になっているツインタワーとしては依然として世界一の高さを誇っています。

複合ショッピングセンター”スリア KLCC”

ペトロナスタワーの下には、複合ショッピングセンター「スリア KLCC」が。 タワーと地下や下階部分を共有しています。KLCC駅とは地下通路で結ばれています。 ショッピングセンター棟屋外には噴水があり、買い物客以外にも若者のデートスポットにもなっています。 ショッピングセンター横は高級ホテルのマンダリン・オリエンタルと、クアラルンプール・コンベンション・センター。 噴水前からは、スリアKLCCとトレーダースホテル間を往復している無料シャトルも運行されています。

憩いのKLCC公園

ペトロナスツインタワー正面には大きな公園があり、
世界中から集まる観光客や地元の人々の憩いの場所に
なっています。

クアラルンプール最大級のKLCC水族館。

ツイン・タワーの近くにあるコンベンション・センターの下には、クアラルンプール最大級の水族館が。最新の設備を誇り、約150種5000匹の海の生き物を展示しています。特に注目なのが、90mにも及ぶ長い水中トンネル。ゆっくりと動く歩道に乗って水中散歩を楽しめます。

マレーシア・ツーリズム・センター

第2次世界大戦中、日本陸軍本部として使われるなど、歴史上大きな役割を果たしてきたマレーシア・ツーリズム・センター。
現在では、ツーリスト・インフォメーション・センターをはじめ、マレーシアの伝統舞踊が楽しめるシアターやレストラン、ギフトショップなども入っている。

KLタワー(ムナラKL)

クアラルンプール市街を一望できるスポット。
昼間もおもしろいが、夜景もまたすばらしい。
レコーダーによる日本語ガイドサービスもある。

近隣情報

  • すべて
  • エリア紹介
  • 観光スポ..
  • 現地発ツ..
  • チャータ..
  • ホテル予約
  • ゴルフ予約
  • ロングス..
エリア
KLCC・ペトロナス
marker 目的地
クアラルンプールのシンボル”ペトロナスツインタワービル”やKLCC公園を中心とするエリア。