大自然と観光地が融合!カウアイ島!
      
 登録済  登録済  エラー
このエントリーをはてなブックマークに追加

エリア:カウアイ島

写真ギャラリー(14枚)

自然豊かな地が好奇心をかき立てる!

ハワイ州の中で最も古くからある島、カウアイ島!
愛称「ガーデンアイランド(The garden island:庭園の島)」の名の通り、豊かな自然で包まれた島です。中央にそびえるワイアレアレ山の影響で、島の東部と西部で、気象状況が大きく異なります。
この魅力ある地は、ハリウッド映画界もうならせました。結婚式や新婚旅行先にハワイと言うイメージは、昔この島で撮影された映画の影響です。今も昔も、これからも、ここで腐朽の名作が誕生しています。
ホノルル空港から飛行機でわずか35分で、自然も観光名所も盛りだくさんなのに、日本人旅行者はあまり訪れません。こんな穴場スポットを見のがすなんて、もったいない!ハワイ最北端の島を目指して、さあ、出発しましょう。

※写真:トリップアドバイザー提供

カウアイ島の東西南北

■北側・・・カウアイ島最大の高級リゾート地。ハワイ最北端の灯台は、人生で一度は行くべき場所!
■南側・・・高級リゾート地、古き良き時代を感じさせる町、世界のゴルファーの憧れのコースなど見所たくさん!
■東側・・・雨が多いエリア。雨の恵みは植物を育て、ポリネシア人がハワイ諸島で最初に安住した地と言われています。その為、遺跡や伝説が数多く残っています。
■西側・・・東側に比べ雨が少ないエリア。イギリス人探検家、キャプテン・クックが初めて足を踏み入れた場所と言われる地があります。なお北西には、絶景の海岸が広がっている為、車で島を一周する事は出来ません。思わず拝みたくなる聖地の海岸へは、船またはヘリコプターで!

A.リエフ空港 (Lihue Airport)

リエフ空港へは、オアフ島のホノルル空港から国内線で約35分。ハワイアン航空やアイランドエアー社やゴーモクレレ社などの飛行機が1日25便程運行中。

B. カウアイ・ラグーン・ゴルフ・クラブ (Kauai Lagoons Golf Club)

世界中のゴルファーの憧れの地。リフエ空港からは車で約10分とアクセスが大変便利。広い敷地内には、「キエレコース」と「モキハナコース」という、表情の異なるコースがあります。どちらも、コースの美しさと難しさを味わえます。特に早朝の景色は、ゴルフに集中できない程の美しさです。早起きは三文以上の徳があるかもしれません。

C. フレイア国立野生生物保護区(Hule‘ia National Wildlife Refuge)

保護区に許可無く入る事は出来ませんが、保護地区内を流れる、フレイア川でのカヤックは大人気ツアー!見事な自然美は必見です。
近くのナウィリウィリ港は、朝から地元のサーファーが波乗りをしていたり、比較的のんびりできる場所です。運が良ければ、停泊中の豪華客船を見ることもできます。

D. ポイプビーチパーク (Poipu Beach Park)

全米ナンバー1!!にも選ばれたこともある、ハワイを代表するビーチです。近くの潮吹き岩も、お勧め観光スポット。高さ6mまで水しぶきが上がります。
ポイプビーチパークは、公園を挟むように2つのビーチから成り立っています。海に向かって右側が「ポイプビーチ」。海水浴やシュノーケリングなど子供連れでも楽しめます。左側は「ブレネッキーズビーチ」。ボディサーフィンの世界的スポット。多くのサーファーで賑わっています。公園は、バーベキュー・読書・散歩など心休まる一時を過ごすのに最適です。

E.オールド・コロア・タウン (Old Koloa Town)

50年代の古き良き時代の雰囲気が漂うオールド・コロア。砂糖産業発祥の地で、関連建物が残されています。お店をのぞきながら、散歩をするのに最適です。ゆっくり過ごしても1時間程で歩き終わるような小さな町ですが、カウアイ島に来たらぜひ立ち寄りたい場所です。島で一番のアイスクリーム店「ラパーツ・アイスクリーム」は特にお勧め!

F. ハナペペ (Hanapepe)

カウアイ島名物の「カウアイ・クッキー」の工場、「ラパーツ・アイスクリーム」の本店、ハワイで初めてオープンしたコーヒー農園「カウアイ・コーヒー・カンパニー」など商業の町でもあり、最近ではアートギャラリーが集まる芸術の町としても注目を集めています。名物から掘り出し物まで、お土産を見つけるのに最適な場所です。
町には「スインギング・ブリッジ」と言う穴場スポットもあるので、時間がある人は立ち寄ってみましょう。海岸には、観光地「ナパリコースト」への向かうボートツアーの拠点「ポートアレン港」があります。

G. ワイメア (Waimea)

リフエ空港から車で約50分。ワイメア渓谷へのスタート地点、ワイメアの町に到着します。ここは、1778年にイギリスの探検家キャプテン・クックがハワイ諸島で初めて上陸した場所と言われています。町並みは下町情緒あふれ、日本人観光客によく知られているスーパーから、ワイメア独特のお店まであります。時間があれば、ゆっくり町を歩いてみるものお勧めです。

H. ワイメア渓谷 (Waimea Canyon)

「太平洋のグランド・キャニオン」と言われるワイメア渓谷。カウアイ島の外せない観光名所の一つです。展望台は数カ所ありますが、どの場所も写真に残したい絶景が広がります。ただ見るだけでは満足できない方には、トレッキングが出来るトレイルもありますよ。しっかり準備をし出かけましょう。

I. ナ・パリ・コースト (Na Pali Coast)

ハワイ最大の秘境。長年の歳月をかけ切り立った断崖絶壁の海岸線は、自然が造り出した威厳に満ちています。カウアイ島で必ず行くべき場所!
車では行けないので、ヘリコプター・ボート・カヤックで行くツアーに参加しましょう。体力に自信のある方は、フル装備を担いで2〜3日間トレッキングコースを歩く方法もあります。

J. ハナレイ (Hanalei)

リエフ空港から車で約1時間。雨が比較的多い地域なだけあり、緑が多く落ち着いた雰囲気です。のどかな町並みには個性的なお店も並び、思わず立ち寄りたくなります。
高台のプリンスヴィルには、カウアイ島最大の高級リゾート地。名門ゴルフクラブやショッピングセンターなどがあり、観光客で賑わっています。

K.キラウエア灯台 (Kilauea Lighthouse)

カウアイ最北端。つまり、ハワイ最北端!の場所に建つキラウエア灯台。空と海と大地、大自然の包まれます。そしてここは、キラウエア国立野生動物保護区。海鳥を保護している場所なので、愛らしい野鳥の姿がそらに美しい景色を作っています。カウアイ島で人気観光スポット!

L. カパア・タウン (Kapaa Town)

カパアからワイルアに向かう道沿いは、ココナッツコースと呼ばれ、カウアイで賑やかなエリアです。ワイルアの北にあるカパア・タウンは、お店やレストランが集まるエリアで賑わっています。リエフ空港から車で約20分と近いので、ぜひ立ち寄ってみましょう。

M. ワイルア (Wailua)

カウアイ最古の神殿、オパエカア滝、有名なシダの洞窟への遊覧船乗り場などがあります。昔ワイル川周辺は、王族だけが住んでいた神聖な場所でした。緑豊かなこの場所には、多くの遺跡や言い伝えが残っており、神秘的な雰囲気です。

近隣情報

  • すべて
  • ハワイの..
  • 観光スポ..
  • 航空券
  • ホテル予約
  • 現地発ツ..
  • マリンス..
  • ゴルフ予約
  • グルメス..
  • エステ・..
エリア
カウアイ島
marker 目的地
日本からの直行便はありません。カウアイ島のリフエ空港へは、オアフ島のホノルル空港から飛行機で約35分。 2014年現在、日本とハワイを結ぶ飛行機は全て、ホノルル空港に離発着します。

動画で紹介